不登校新聞

206号(2006.11.15)

不登校半減政策のその後は?

2015年12月15日 15:31 by nakajima_
 昨年05年、大阪府は不登校を3カ年で半減させると緊急対策事業を打ち出したが、これに対し、府下の親の会などが疑問や危惧の声をあげた。府教委と数回にわたって懇談し、太田房江府知事とも懇談するなどし、数値目標を掲げることの危うさを、事実上は府教委も認めることとなった。

 この3カ年事業が、この9月末で半期を終えたことから、10月25日、不登校政策を考える市民ネットワークと、府教委の担当課で懇談が持たれた。そのなかで、府の緊急対策事業の実際がみえてきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...