不登校新聞

206号(2006.11.15)

不登校半減政策のその後は?

2015年12月15日 15:31 by 匿名
 昨年05年、大阪府は不登校を3カ年で半減させると緊急対策事業を打ち出したが、これに対し、府下の親の会などが疑問や危惧の声をあげた。府教委と数回にわたって懇談し、太田房江府知事とも懇談するなどし、数値目標を掲げることの危うさを、事実上は府教委も認めることとなった。

 この3カ年事業が、この9月末で半期を終えたことから、10月25日、不登校政策を考える市民ネットワークと、府教委の担当課で懇談が持たれた。そのなかで、府の緊急対策事業の実際がみえてきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...