不登校新聞

202号 2006.9.15

当事者の声 気が遠くなるほどひきこもった

2020年01月09日 12:29 by 匿名

 中学2年の終わりごろから学校に行けなくなった。でも学校に行けるようになれば、なんとかなる、楽しいことがあるとずっと思っていた。正確に言えば思おうとしていたんだろう。

 15歳になって高校に行ったけど辞めてしまい、19歳のとき、2度目の高校入学をした。先生もいい感じだったし、なかよくなれそうな人もいたが、すぐに行けなくなった。なぜ登校を拒否してしまうのか、わからなかった。どんどん無気力になって、家で寝ていると、ただただ楽だった。

 20歳を越えて、少しバイトなんかもしてみたが、やはり「学校に行かなければ」と思っていた。「青春を取り戻したい」、そういう希望もあったし、自分の選択肢は働くことよりも「まずは学校」だった。また、高校に入学してみた。半年間は休まずに通った。でもダメだった。楽しいことはなかった。友だちもできなかった。いつか楽しいことがあると期待して、通い続けて気力が尽きてしまった。期待しすぎていた。学校は期待はずれだった。ますます無気力になる自分を感じた。

 焦って焦って時間が過ぎる

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...