不登校新聞

429号 2016/3/1

ひといき 多田耕史

2016年02月26日 16:31 by kito-shin
2016年02月26日 16:31 by kito-shin


 名古屋支局がある多田法律事務所の階段下に、もう使わなくなって処分しようとしていた古いファクス機を置いてあったのだが、それが何者かに盗られてしまった。
 
 前日、アジア系の顔立ちの小太りな男が軽トラックで乗りつけ、いきなり訪ねてきて、ドンドンと乱暴に扉を叩き、私が出ると、カタコトの日本語で「プリンター、プリンター、イル?イラナイ?」と言うから、そのときは断ったのだが、翌日の午後、見ると無くなっていることに気づいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…