不登校新聞

349号(2012.11.1)

ひといき

2013年08月12日 11:50 by shiko


 たまに、携帯電波の届かない場所に行くことがある。もちろんパソコンもネット環境もない。そうすると、ふだん自分が、いかにネットや電波にからめとられた生活をしていたのか、それがストレスになっていたのかを、しみじみ感じる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

547号 2021/2/1

ひといき 小熊広宣・山下耕平

243号(2008.6.1)

コラム「学校に行くか死ぬか、以外の道」 小熊広宣

緊急号外(無料)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...