不登校新聞

460号 2017/6/15

私をロープで殺して~「いや」と言えなかった不登校の子どもの苦しみ

2017年06月13日 14:06 by kito-shin

.
 著者の広木克行さんは現在、神戸大学名誉教授。一方で、長崎や兵庫などで活動する「不登校の親の会」にも相談員としても長年関わってこられた方です。本書では、これまで出会った子どもたちとのやり取りも掲載されています。
 
 とくに印象深いのは、ある女子中学生のエピソード。不登校になった彼女は中学1年生のとき、ロープを片手に母親を追いかけるようになりました。「これで私を殺して」と言うのです。
 
 成績はつねにトップクラスで先生のウケもよい、いわゆる「良い子」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

昼間はすべてが怖い、深夜ラジオだけが友だちだった【不登校当事者手記】

471号 2017/12/1

「学校復帰」一辺倒の政策が変わりつつある

471号 2017/12/1

フリースクール等検討会議 不登校の歴史vol.471

471号 2017/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

471号 2017/12/1

『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(著...

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...