不登校新聞

460号 2017/6/15

私をロープで殺して~「いや」と言えなかった不登校の子どもの苦しみ

2017年06月13日 14:06 by kito-shin

.
 著者の広木克行さんは現在、神戸大学名誉教授。一方で、長崎や兵庫などで活動する「不登校の親の会」にも相談員としても長年関わってこられた方です。本書では、これまで出会った子どもたちとのやり取りも掲載されています。
 
 とくに印象深いのは、ある女子中学生のエピソード。不登校になった彼女は中学1年生のとき、ロープを片手に母親を追いかけるようになりました。「これで私を殺して」と言うのです。
 
 成績はつねにトップクラスで先生のウケもよい、いわゆる「良い子」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...