.
 著者の広木克行さんは現在、神戸大学名誉教授。一方で、長崎や兵庫などで活動する「不登校の親の会」にも相談員としても長年関わってこられた方です。本書では、これまで出会った子どもたちとのやり取りも掲載されています。
 
 とくに印象深いのは、ある女子中学生のエピソード。不登校になった彼女は中学1年生のとき、ロープを片手に母親を追いかけるようになりました。「これで私を殺して」と言うのです。
 
 成績はつねにトップクラスで先生のウケもよい、いわゆる「良い子」。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。