不登校新聞

460号 2017/6/15

津波からの避難直前、生徒を整列させ…

2017年06月12日 14:41 by kito-shin


 2017年6月3日~4日にかけて、仙台で開催された学校事件・事故被害者全国弁護団第6回研究会「あの日子どもたちに何があったのか?」に参加し、74人の子らと10人の教員が津波の犠牲になった石巻市の大川小学校と園児5人の犠牲を出した日和幼稚園事件の現場を見分した。

 6年前の3月11日大震災の日、10メートル以上の津波警報の放送がくり返されるなか、大川小学校の子ども78人は、地震後約45分ものあいだ、教員の指示により凍える校庭に整列し、津波が近くの北上川を経て校庭に到達するわずか2分前に教員の指示に従い校庭から北上川方向へ移動を始めて、たちまち津波の濁流に呑み込まれたという。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...