不登校新聞

469号 2017/11/1

ひきこもったこと、後悔してる? 経験者の回答は

2017年10月30日 18:08 by kito-shin

連載「あのとき、答えられなかった質問」vol.19

「ひきこもったことを後悔していますか?」と聞かれれば、「年齢を重ねるごとに後悔の念は薄れていっています」と答えます。

 私がひきこもったのは、大学での就職活動が始まった時期でした。

 今の私からすれば、なぜあんなに社会に出るのが怖かったのだろうという感じがします。しかし、それは今だから言えることであって、20代前半の私は強烈に恐怖を感じていました。それは、親の言うとおりに「いい子」をずっとやってきて自分というものを確立していなかった私が、社会に出る入口でオトナの社会人男性であることを迫られ、完全に自分を見失い、自信喪失してしまったからだと思います。

 20代から30代にかけては、ひきこもったことで(おもに仕事を中心とした)人生がめちゃくちゃになってしまったと激しく後悔していました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“脱ひきこもり”のきっかけは? 経験者の回答

470号 2017/11/15

ひきこもりの必読書~ひきこもり経験者厳選の3冊

468号 2017/10/15

「居場所ってどういう場なんですか?」ひきこもり経験者の答えは

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...