不登校新聞

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

2017年08月30日 14:28 by kito-shin

2017年9月24日、「千葉県フリースクール等ネットワーク」が発足することがわかった。「フリースクールネモ」「不登校に学ぶ船橋の会」といったフリースクールや親の会のほか、「おるたネット」など、多様な教育のあり方を提言する市民団体など7団体が連携し、設立に至った。

ネットワーク設立の背景は

 2016年末に成立した「教育機会確保法」の基本理念には「国、地方公共団体、教育機会の確保等に関する活動を行う民間の団体その他の関係者の相互の密接な連携の下に行われるようにすること」とある。

 また、「フリースクール等に関する検討会議」が2017年2月に出した報告書には「連携協力した取組を中心となって進める主体があることが望ましい」とある。行政と民間の連携の重要性に加え、あいだを取り持つ中間支援組織の必要性が指摘された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

ひきこもりの男性、矯正施設で監禁致死「アイ・メンタルスクール」事件に判決

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...