不登校新聞

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

2017年08月30日 14:28 by kito-shin
2017年08月30日 14:28 by kito-shin

2017年9月24日、「千葉県フリースクール等ネットワーク」が発足することがわかった。「フリースクールネモ」「不登校に学ぶ船橋の会」といったフリースクールや親の会のほか、「おるたネット」など、多様な教育のあり方を提言する市民団体など7団体が連携し、設立に至った。

ネットワーク設立の背景は

 2016年末に成立した「教育機会確保法」の基本理念には「国、地方公共団体、教育機会の確保等に関する活動を行う民間の団体その他の関係者の相互の密接な連携の下に行われるようにすること」とある。

 また、「フリースクール等に関する検討会議」が2017年2月に出した報告書には「連携協力した取組を中心となって進める主体があることが望ましい」とある。行政と民間の連携の重要性に加え、あいだを取り持つ中間支援組織の必要性が指摘された。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…