不登校新聞

465号 2017/9/1

「死ぬしかない」家にも学校にも私の居場所はなかった【手記】

2017年08月30日 18:03 by motegiryoga

摂食障害の経験をもつPN陽子さんの手記を掲載する。どのような苦しみがあったのか、書いてもらった。

 私は中学2年から拒食気味になり、中学3年から過食嘔吐に転じました。そして16歳のときにすべてに絶望して、自らの手で命を絶とうとしました。理由は、自分の居場所がすべて消えてしまったからです。

 当時の私の居場所は、家と学校の2つでした。家は私にとって、居心地のいい場所ではありませんでした。家族関係は複雑で、母は精神的に不安定でした。ささいなことでカッとなると手がつけられない状態になるのです。

“一生、吐いてろ”

 私の症状を初めて知ったとき、母は私を「きちがい」「おかしい」「一生、吐いてろ」と怒鳴り、叩きました。さらに「内申書が悪くなって高校に行けないと困るから、吐いてることは誰にも言うな」とクギをさされました。父は母に「お前の育て方が悪いから陽子がおかしい」と言うだけでした。私は母が恐ろしく、母の機嫌をそこねないようにつとめました。家族にばれないように、毎晩ひそかに吐きながら生活していました。

 こんな状態でもなんとか受験して、地元の県立高校に入学しました。友だちもでき、症状も少し落ち着きました。しかしその平和はわずか数カ月で崩れ去りました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

550号 2021/3/15

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...