不登校新聞

465号 2017/9/1

前川喜平元文科事務次官ら登壇 子どもの教育の未来を考える

2017年08月30日 17:00 by kito-shin

2017年9月24日、静岡県浜松市にて、「みんなのカルチャースクール~教育、そして子どもたちの未来を語ろう」が開催される。主催はNPO法人「ドリーム・フィールド」。

 登壇するのは、2人の元文科省職員だ。

 寺脇研さんは、文科省生涯学習政策担当審議官などを歴任。在任中は「ゆとり教育」「学校週5日制」などの改革の中心を担ってきた。 前川喜平さんは、元文科省事務次官。在任中から不登校、夜間中学校、子どもの貧困問題などに取り組み、自ら現場に出向く姿勢は今も変えていない。

 当日は教育行政を担う文科省において、教育問題に長年向き合ってきた両氏とともに、いじめや不登校などについて考えるという。

 「ドリーム・フィールド」は、浜松市内にあるフリースクール。「バリアフリーコンサート」を毎年開くなど、子どもたちによる音楽活動が活発だ。

「みんなのカルチャースクール~教育、そして子どもたちの未来を語ろう」
日 時 9月24日(日)、13時~16時
会 場 アクトシティ浜松コングレスセンター5階
講 師 寺脇研さん(京都造形芸術大学教授)
    前川喜平さん(元文科省事務次官)
参加費 500円
主 催 NPO法人ドリーム・フィールド
後 援 浜松市、浜松市教育委員会、磐田市教育委員会
連絡先 053-422-5203(大山)

関連記事

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

551号 2021/4/1

不登校の相談先「親の会」とイベント情報

551号 2021/4/1

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...