不登校新聞

465号 2017/9/1

文芸評論家・加藤典洋の仮説「自分の『壊れ』への感受性をとぎすますこと」説

2017年08月30日 14:32 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.6

 かつて哲学は、いわゆるまともな人間をモデルに社会哲学を構築してきました。しかしこれからは、ビョーキであることが普遍的であるような、そういう社会哲学、人文知が求められるのではないでしょうか。

 これは、別に私の創見というわけではありません。いま第一線の哲学思想の担い手と見られている東浩紀さん、國分功一郎さんの新著から共通して受けとられるのが、こういうメッセージだというのが、私の仮説的な見解なのです。

東浩紀らの共通指摘 新しい人間の像

 たとえば、東さんの新著『観光客の哲学』は、「人づきあいの苦手な」「成熟したくない」人間がいま、どう現代世界を生きていけるか、を最初の問いにしています。その理由として彼は、こう言います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きづらさ」に「自己肯定感」など“便利な言葉がやっかい”説

470号 2017/11/15

逃げたあとで「逃げてしまったダメな自分」からも逃げるのが大事説

469号 2017/11/1

フツーの子と不登校の子、ちがいは「ほぼない」説

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...