不登校新聞

489号 2018/9/1

不登校歴12年、私は「その後」の情報がほしかった

2018年09月11日 17:39 by kito-shin

 自身の不登校経験をマンガにしてネット上で発表している、りゃこさん。次号より本紙でも連載が始まる彼女に、自身の経験やマンガについて書いてもらった。

******

 私は今年で29歳になります。長い不登校生活ののち、社会に出てからも、つらいことの連続でした。それでも今は、大好きなマンガで自分を表現することができています。「不登校でもこんな生き方があるよ」と伝えたくてこの文章を書きます。

 小学1年生の秋、運動会が終わった直後から私は学校に行けなくなりました。はっきりとした理由はよくわかりませんが、みんなに合わせることが苦手だったり、決められたことをその通りにやる学校という場に閉塞感を感じていたんだと思います。

 その後、高校3年生まで、一時的に保健室登校していたこともありますが、ほとんどは家にいました。「なぜ自分はほかの人と同じことができないんだろう」と、毎日自分を責めました。

 その思いは、社会に出てからも続きました。アルバイトを始めましたが、すぐにしんどくなってやめてしまう、ということをくりかえしたのです。「私は弱い。このまま生きている価値があるんだろうか」と、ひたすらネガティブな考えに支配されていました。

ツイッターで発表

 しかし、不登校のあいだも、バイトにヘコんでいるあいだも、ずっと続けていたことがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...