不登校新聞

489号 2018/9/1

不登校歴12年、私は「その後」の情報がほしかった

2018年09月11日 17:39 by kito-shin

 自身の不登校経験をマンガにしてネット上で発表している、りゃこさん。次号より本紙でも連載が始まる彼女に、自身の経験やマンガについて書いてもらった。

******

 私は今年で29歳になります。長い不登校生活ののち、社会に出てからも、つらいことの連続でした。それでも今は、大好きなマンガで自分を表現することができています。「不登校でもこんな生き方があるよ」と伝えたくてこの文章を書きます。

 小学1年生の秋、運動会が終わった直後から私は学校に行けなくなりました。はっきりとした理由はよくわかりませんが、みんなに合わせることが苦手だったり、決められたことをその通りにやる学校という場に閉塞感を感じていたんだと思います。

 その後、高校3年生まで、一時的に保健室登校していたこともありますが、ほとんどは家にいました。「なぜ自分はほかの人と同じことができないんだろう」と、毎日自分を責めました。

 その思いは、社会に出てからも続きました。アルバイトを始めましたが、すぐにしんどくなってやめてしまう、ということをくりかえしたのです。「私は弱い。このまま生きている価値があるんだろうか」と、ひたすらネガティブな考えに支配されていました。

ツイッターで発表

 しかし、不登校のあいだも、バイトにヘコんでいるあいだも、ずっと続けていたことがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...