不登校新聞

489号 2018/9/1

不登校歴12年、私は「その後」の情報がほしかった

2018年09月11日 17:39 by kito-shin
2018年09月11日 17:39 by kito-shin

 自身の不登校経験をマンガにしてネット上で発表している、りゃこさん。次号より本紙でも連載が始まる彼女に、自身の経験やマンガについて書いてもらった。

******

 私は今年で29歳になります。長い不登校生活ののち、社会に出てからも、つらいことの連続でした。それでも今は、大好きなマンガで自分を表現することができています。「不登校でもこんな生き方があるよ」と伝えたくてこの文章を書きます。

 小学1年生の秋、運動会が終わった直後から私は学校に行けなくなりました。はっきりとした理由はよくわかりませんが、みんなに合わせることが苦手だったり、決められたことをその通りにやる学校という場に閉塞感を感じていたんだと思います。

 その後、高校3年生まで、一時的に保健室登校していたこともありますが、ほとんどは家にいました。「なぜ自分はほかの人と同じことができないんだろう」と、毎日自分を責めました。

 その思いは、社会に出てからも続きました。アルバイトを始めましたが、すぐにしんどくなってやめてしまう、ということをくりかえしたのです。「私は弱い。このまま生きている価値があるんだろうか」と、ひたすらネガティブな考えに支配されていました。

ツイッターで発表

 しかし、不登校のあいだも、バイトにヘコんでいるあいだも、ずっと続けていたことがあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…