不登校新聞

197号(2006.7.1)

ゼロトレランス指導に違和感

2018年11月22日 10:49 by shiko



 いろいろな新聞でゼロトレランスの記事を読みました。私はアメリカで効果があったからといって、日本の教育と根本的にちがうのに、という気がします。

 アメリカでは個の主張がしっかりできていて、先生も対等という雰囲気のなかの話です。非行や銃・麻薬など荒れた学校もあるかもしれないけど、現在の日本をおおっている不登校やいじめ問題とは、方向がちがうと思います。

 学校自体の問題点には触れず、子どもたちに厳しくし、問題行動を払拭すればよくなる、とは思えません。奈良の条例といい、なんだか、ひと昔まえに戻っていくようでこわいです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「なんかいやだなぁ」の正体【子どもの権利条約】

196号(2006.6.15)

子どもの権利条約フォーラムふくしま発足

196号(2006.6.15)

読者の声「不登校児にワッペン?」

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...