不登校新聞

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

2018年11月22日 11:01 by shiko
2018年11月22日 11:01 by shiko

 

 2005年10月、福岡市で、生まれてから18年間にわたって、わが子を家の中で監禁状態にしていた母親が逮捕された。

 監禁だから、母親は娘を小学校にも中学校にも通わせていなかった。くりかえし家庭訪問する教員に、母親は、学校に行かせない理由を「障がいと、それにともなう症状があるため」と述べた。

 なぜ、そんな虚偽を述べたのかは定かではない。明らかなことは、この虚偽の理由がプライバシーの壁と一つになって、9年間、教員も教育委員会も、児童相談所の職員も、地域の民生委員も児童委員さえも誰ひとり、子どもの無事な姿をたったの一度も確認できないという異様な結果につながったということだ。

 児童相談所は、実際は目撃者はいなかったのだが、少女が遊んでいるのを見たという、あやふやな目撃情報を、自分たちの不安を打ち消す材料にしてしまった。

 これらが、当初から異常事態を疑ってしかるべき理由があったにもかかわらず、一歩踏み込んだ対応をためらわせる理由となったのである。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…