不登校新聞

197号(2006.7.1)

18年間にわたり娘を監禁 福岡市監禁事件を考える

2018年11月22日 11:01 by shiko

 

 2005年10月、福岡市で、生まれてから18年間にわたって、わが子を家の中で監禁状態にしていた母親が逮捕された。

 監禁だから、母親は娘を小学校にも中学校にも通わせていなかった。くりかえし家庭訪問する教員に、母親は、学校に行かせない理由を「障がいと、それにともなう症状があるため」と述べた。

 なぜ、そんな虚偽を述べたのかは定かではない。明らかなことは、この虚偽の理由がプライバシーの壁と一つになって、9年間、教員も教育委員会も、児童相談所の職員も、地域の民生委員も児童委員さえも誰ひとり、子どもの無事な姿をたったの一度も確認できないという異様な結果につながったということだ。

 児童相談所は、実際は目撃者はいなかったのだが、少女が遊んでいるのを見たという、あやふやな目撃情報を、自分たちの不安を打ち消す材料にしてしまった。

 これらが、当初から異常事態を疑ってしかるべき理由があったにもかかわらず、一歩踏み込んだ対応をためらわせる理由となったのである。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり8050問題は本当に問題ですか? 臨床心理学者の反論

530号 2020/5/15

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...