不登校新聞

195号(2006.6.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【北海道釧路】

2018年12月03日 15:31 by shiko

 私たちのフリースペースは、釧路湿原、釧路川、武佐の森、春採湖、大平洋の海、阿寒国立公園など、豊かな自然に恵まれた釧路市の中心街にあります。

 駅・バスターミナルから徒歩3分。「フリースペース」で退屈したときは、300mほどの商店街・北大通を散歩します。

 1990年5月オープンから、名称、場所をかえて気がついたら06年で17年目。月日がたつのは本当に早いもの。

 最初に通ってた人は、今、29歳と28歳になりました。市内・道内・外で働いてる人たちは、たま~にOB・OG会で顔を合わせて、おしゃべりを楽しんでいますよ。

 以前、「わが家の場合」(本紙184号)で記事を書いた、長男の不登校がきっかけで、私は「フリーハウス」(現在の釧路フリースペース)で代表兼スタッフをしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...