不登校新聞

195号(2006.6.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【北海道釧路】

2018年12月03日 15:31 by shiko

 私たちのフリースペースは、釧路湿原、釧路川、武佐の森、春採湖、大平洋の海、阿寒国立公園など、豊かな自然に恵まれた釧路市の中心街にあります。

 駅・バスターミナルから徒歩3分。「フリースペース」で退屈したときは、300mほどの商店街・北大通を散歩します。

 1990年5月オープンから、名称、場所をかえて気がついたら06年で17年目。月日がたつのは本当に早いもの。

 最初に通ってた人は、今、29歳と28歳になりました。市内・道内・外で働いてる人たちは、たま~にOB・OG会で顔を合わせて、おしゃべりを楽しんでいますよ。

 以前、「わが家の場合」(本紙184号)で記事を書いた、長男の不登校がきっかけで、私は「フリーハウス」(現在の釧路フリースペース)で代表兼スタッフをしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...