不登校新聞

195号(2006.6.1)

フリースクールスタッフの仕事とは【北海道釧路】

2018年12月03日 15:31 by shiko

 私たちのフリースペースは、釧路湿原、釧路川、武佐の森、春採湖、大平洋の海、阿寒国立公園など、豊かな自然に恵まれた釧路市の中心街にあります。

 駅・バスターミナルから徒歩3分。「フリースペース」で退屈したときは、300mほどの商店街・北大通を散歩します。

 1990年5月オープンから、名称、場所をかえて気がついたら06年で17年目。月日がたつのは本当に早いもの。

 最初に通ってた人は、今、29歳と28歳になりました。市内・道内・外で働いてる人たちは、たま~にOB・OG会で顔を合わせて、おしゃべりを楽しんでいますよ。

 以前、「わが家の場合」(本紙184号)で記事を書いた、長男の不登校がきっかけで、私は「フリーハウス」(現在の釧路フリースペース)で代表兼スタッフをしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...