不登校新聞

194号(2006.5.15)

ひといき

2018年12月04日 16:06 by shiko



 栃木県にお住まいの読者の方には大変申し訳ないが、私が抱く栃木県のイメージというのは正直あまりよろしくない。

 選挙があれば常に無風だし、県政も新しいことをしていないイメージがある。名産はぱっとしないし、海もないし、特徴がない気がするのである。擬音にすると「もっさり」。なんかごめんなさい。

 しかし最近イメージが少し変わった。以前紹介した「ひよこの家」や今回の「ブードン」など、取材を通して県内各地で新しい動きがあることを知る機会があったからだ。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...