不登校新聞

194号(2006.5.15)

初申請から10数年、やっと神戸のフリースクールに通学定期認可

2018年12月04日 17:07 by shiko

 フリースクールなど通う際、当事者の運動によって1993年から、小中学生は通学定期券を購入できるようになった。ただし、通う場所が学校から実習先として認められる必要があるが、兵庫県では長年、認められてこなかった。しかし、当事者によるねばり強い運動の結果、今回、ようやく認められることになった。その経過について、神戸フリースクールの田辺克之さんに執筆していただいた。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5年間で倍増した小学生不登校の背景とは

559号 2021/8/1

1686人に調査、46万字の「声」。ひきこもりの多様さを知って

558号 2021/7/15

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

559号 2021/8/1

小学生の不登校は直近5年間で倍増しています。当事者は、どんな思いで学校から...

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...