不登校新聞

194号(2006.5.15)

初申請から10数年、やっと神戸のフリースクールに通学定期認可

2018年12月04日 17:07 by shiko

 フリースクールなど通う際、当事者の運動によって1993年から、小中学生は通学定期券を購入できるようになった。ただし、通う場所が学校から実習先として認められる必要があるが、兵庫県では長年、認められてこなかった。しかし、当事者によるねばり強い運動の結果、今回、ようやく認められることになった。その経過について、神戸フリースクールの田辺克之さんに執筆していただいた。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...