不登校新聞

194号(2006.5.15)

読者の声「これまた無神経」

2018年12月04日 16:45 by shiko


 
 「わが家の場合」(本紙191号掲載)のその後です。

 4月に入学した三男の担任には手紙と電話で、これまでの経緯と私の気持ちをかなりお話しして、わかっていただいたかな、と感じました。

 しかしその後、同じマンション、同じクラスの男の子を学校帰りによこしてきました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

516号 2019/10/15

自分の不登校理由、どうしても見つかりませんでした

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...