不登校新聞

194号(2006.5.15)

読者の声「これまた無神経」

2018年12月04日 16:45 by shiko


 
 「わが家の場合」(本紙191号掲載)のその後です。

 4月に入学した三男の担任には手紙と電話で、これまでの経緯と私の気持ちをかなりお話しして、わかっていただいたかな、と感じました。

 しかしその後、同じマンション、同じクラスの男の子を学校帰りによこしてきました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

私をいじめていた「あの子」に15年ぶりに会って感じたこと

541号 2020/11/1

「不登校だからうまくいかない」私の意識が変わったきっかけは

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...