不登校新聞

194号(2006.5.15)

「過呼吸がコントロールできない」臨床心理士のアドバイス

2018年12月04日 17:17 by shiko



Q.子どもが過呼吸症候群(過換気症候群)の発作を起こすことがあります。また、ほかの家族との関係が悪化するケースもあります。この場合、まわりの大人はどう接したらよいでしょうか。(編集部)

 * * *

A.ここ数年、青年たちのあいだで過呼吸発作に苦しんでいるという訴えによく出会ってきました。

 過呼吸発作とは、深い呼吸を非常に速くくり返すことによって血中から二酸化炭素が失われ、そのために一連の生理的変化が起こって、結果として筋肉の興奮、けいれんなどが発生したりするものです。

 なぜ過呼吸が生起するのかという原因については、疲労などの身体的要因や、不安、緊張、立腹など精神的要因が重なって起こると説明されます。

 私の経験においても、背景には解決されない深い悩みや葛藤、対人関係上の苦しみなどが確認され、そういった心理的問題が介在した身体化症状であるということがわかります。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもりが働くために必要な前提は、ただひとつ

508号 2019/6/15

進学・就職とまわりが動き出す春、親子で焦らないための極意とは

502号 2019/3/15

「PTAは辞められます」専門家が教える穏便な退会の仕方

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...