不登校新聞

193号(2006.5.1)

読者の声「児童相談所の判断に疑問」

2018年12月18日 17:12 by shiko

 2006年3月、東京世田谷のマンションで、当時中学2年生の男子が引き起こした放火事件の報道をつらい思いで聞いた。生後わずか2カ月の妹を焼死させ、父親と継母に重傷を負わせてしまった事件である。

 彼の周囲には実父、実母、継母、教員、児童相談所の職員など多様な大人たちの存在があった。しかし、誰ひとりとして、この学校に行けない中学2年生の男子を受けいれてやれなかった。

 10年ほど前、私も児童相談所へ相談に行き、たまたま面白い担当者にあたりいろいろ話した。

 しかしすぐに「朝は起こして規則正しい生活を」とか「お母さんは1日に5分、娘さんの話を聞くように、お父さんは週1回晩酌をしないで娘さんと話すように」との宿題がでた。

 この宿題はなかなか難しく、かえって親子の関係が複雑になる気配がしていた。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...