不登校新聞

193号(2006.5.1)

不登校だと誤解された虐待に警鐘【福岡自宅軟禁事件を受け】

2018年12月18日 17:21 by shiko



 2005年12月、福岡市の18歳の女性が、小学校から学校に通わせてもらえず11年間自宅に閉じこめられていたことがわかった問題について、06年4月7日、福岡市は検証報告を発表した。また、今後の対応については、各学校への虐待防止委員会の設置などを決めた。

 * * *

 報告書は今回の問題を「長期間、教育を受ける権利や社会活動に参加する権利を奪われた重大な権利侵害で、重度のネグレクトだった」「学校や市教委は、それを事件発覚まで『不就学児童』と捉え、虐待を見過ごしてきた」として、「不就学や不登校の背景に虐待があり得ることや学校に行かせないことがネグレクトにあたる場合があるとの認識が不足していた」と指摘した。

 また、学校における支援体制の不備や関係機関との連携不足、ネグレクトなど「見えにくい虐待」について児童相談所の虐待リスクの評価が不十分であることなどを指摘している。

 再発防止策として、市は、虐待防止委員会を市立の小中高校、養護学校に設置することを決めた。委員会は虐待の状況について市教委に報告する。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...