不登校新聞

499号 2019/2/1

「私はみんなの役に立てていない」なぜかハマる30代の罠【仮説なんですが】

2019年02月01日 10:15 by shiko



連載「仮説なんですが…」vol.30

 仕事をするなかで、不登校の当事者から「自分の経験を活かしたい」「誰かの役に立ちたい」というフレーズをよく聞いた。けっしてきれいごとではなく、真摯な思いを私は感じた。

 しかし、そのフレーズを聞くたびに、共感と違和感が入り混じった複雑な気持ちになるのだ。

 共感のほうが強いのかもしれない。私も「誰かの役に立ちたい」という思いからこの仕事を志した。そして何より、現在は家族のなかで「役に立つ存在でありたい」と痛烈に思っている。

 私は夫と夫の両親と暮らしている。妻や嫁としての役割を果たさなければと思うが、その能力が私にはない。

 料理がキライだし、家には居ないし、家計の計算もできない。妻や嫁の仕事を、やらねばとは思うのだが……、「嫁業」の正解がわからず、フリーズしてしまう。

 私が高収入者ならいいのだ。一家の大黒柱として家族の役に立てる。しかし現実はちがう。仕事は忙しく家をおろそかにするが、給料は高卒の初任給にも満たない。また、私たち夫婦には子どももいないし、できる気配もない。

 「嫁」「妻」「社会人」の役割がまっとうできないこと、その後ろめたさが募ってくると、私のなかの常識センサーがけたたましく鳴る。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...