不登校新聞

190号(2006.3.15)

子どもをまんなかに(下)

2019年03月07日 17:28 by shiko


 保育の大事な仕事のひとつに、「子どもの姿を見て、今この子に必要な働きかけはなにかと考えて、その子の成長の手助け、援助、背中を押してあげる」 というのがあります。

 でも、それって、本当の意味で何がその子のためになるのかって考えていくと、すごく難しいことだと思うんです。

 その難しさは、先輩保育士が「この子のために」と、している保育を見るときに感じます。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...