不登校新聞

190号(2006.3.15)

読者の声「教師との話し合い あまりのちがいに頭を抱える」

2019年03月07日 17:26 by shiko



 先日、不登校の長男と二男のことで、小学校と中学校にそれぞれ話し合いに行ってきました。しかし、そのあまりのちがいに頭を抱えています。

 小学校の教頭は、私に対して「お母さん、人生では親がかならずと言っていいぐらい先に死にます。その後どうしますか?お子さんは、家庭、学校、地域で育てるものです。将来、後悔することになりますよ」と言い、担任も「教室にいる子どもたちは、毎日楽しいことばかりではありませんが、ケンカしたり、仲なおりしたりしています。それを見てると、子どもの成長を日々感じます。息子さんがその機会を知らないのは、かわいそうですし、お家にいてはできないことばかりが増えますよ」と。……かわいそうに思われている。

 育ちのちがいを、教育者が、そんなふうにしか見られないのは、どういうことなんだろうか。子どもが「学校に行く」と言っただけで喜び、「行かない」と言ったらガッカリする。それだけでなく、理由をやたら聞かれ、あげくに将来のことを親までも脅される。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...