不登校新聞

505号 2019/5/1

子どもの成長を感じるとき【不登校の子を持つ親のエッセイ】

2019年04月26日 11:52 by shiko
2019年04月26日 11:52 by shiko



 心の成長では反抗期が有名だ。「反抗期も大切な成長のひとつ」などと育児書にも書いてある。なかなか難儀な話だ。

 親は忍耐力を問われる。これも成長のひとつならば、いろいろ迷惑な成長なので「ブラック成長」と呼びたい。

 ブラック成長のことなら、いくらでもお伝えできる。「親の話はあまり聞かない」「部屋の片付けをしない」「歯医者の予約は忘れる」などなど。

 ブラックがあるなら、反対の「ホワイト成長」というのもあるのではないかと考えてみると、わずかながら思い当たるのがあった。

 仕事のことでイラつく私のグチを聞いて、アドバイスまでしてくれる。おお! すごい!

 ブラック成長はいつかホワイト成長に変わるための準備のようなものだろう。

 そこで不可欠なのは、子ども自身が不登校の経験を「それも自分」の一部と考えられるようになることではないだろうか。それにはたくさんの経験と長い時間が必要だろう。
 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…