不登校新聞

515号 2019/10/1

かがり火

2019年09月26日 11:10 by kito-shin

 東京シューレでは学期に1回、東京シューレ葛飾中学校を会場に全スペースの希望者が集って、スポーツ交流会をやっている。

 丸1日使って、グラウンド、体育館はもちろん、卓球のできる「でこぼこルーム」や会議室、かくれんぼもする普通教室、スポーツよりはお菓子づくりをしたい子たちのための家庭科室、クマがりやウォーキングもするから学校の外の地域も活用する。

 あるスタッフが「見学中の子だけど奥地さんに会いたいと言っている子がいる。その子は小6だけど『明るい不登校』を読んだんだって」と言う。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...