不登校新聞

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

2020年02月28日 11:35 by kito-shin

 大分県の不登校を考える親の会「星の会」には、今では年間で600人以上の方が参加をしてくれます。

 しかし、会を立ち上げてから10年ほど経ったころ、定例会の参加者が「0人」という事態が続いたことがあります。

 待っても待っても誰も来ない公民館の一室で「私のやり方のどこが悪かったのか」と落ち込みました。

 でも、今では、なぜ参加者が少なくなったのかがわかってきました。

一方通行の善意

 子どもが不登校を始めると、親はまわりの「善意」に傷つけられます。

 親戚から「親のあなたがしっかりしないと」と言われ、先生からは「とにかく起こして連れてきてください」とお願いされ、相談機関からは「お母さん苦しいよね、でも、子どもはもっと苦しいからね」と軽くお説教され、友人からは「子どものためにがんばりすぎよ」と笑顔でダメ出し。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

550号 2021/3/15

学校へ行かない息子を信じて待てなかった理由

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...