不登校新聞

529号 2020/5/1

「グループ内の人間関係に苦しんできた」不登校の当事者手記

2020年04月30日 11:14 by kito-shin
2020年04月30日 11:14 by kito-shin

 学校の「グループ内の人間関係に苦しんできた」という矢陽有莉(やぴ ゆうり)さん(16歳)。学校内で起きたことや、不登校になってから自信を得るまでの経緯を執筆いただいた。

* * *

 私は中学2年生の冬休み明け、ぱったりと学校へ行けなくなりました。

 もともと私は、小学校4年生ぐらいから学校の「グループ」が苦手でした。それは、グループのなかにいるとたくさんの「しなければいけない」が降りかかってくるからです。

 「しなければいけないこと」とは「空気を読んで、中心にいる子の意見に合わせなきゃいけない」とか「なるべくいっしょにいる子の足を引っ張らないよう器用にこなさなきゃいけない」といったことです。

 そして、グループから一歩でも離れれば、もう戻れなくなる気がして、自分だけ取り残される気がして、ひとりですごす休み時間は心が休まりませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…