不登校新聞

529号 2020/5/1

「グループ内の人間関係に苦しんできた」不登校の当事者手記

2020年04月30日 11:14 by kito-shin

 学校の「グループ内の人間関係に苦しんできた」という矢陽有莉(やぴ ゆうり)さん(16歳)。学校内で起きたことや、不登校になってから自信を得るまでの経緯を執筆いただいた。

* * *

 私は中学2年生の冬休み明け、ぱったりと学校へ行けなくなりました。

 もともと私は、小学校4年生ぐらいから学校の「グループ」が苦手でした。それは、グループのなかにいるとたくさんの「しなければいけない」が降りかかってくるからです。

 「しなければいけないこと」とは「空気を読んで、中心にいる子の意見に合わせなきゃいけない」とか「なるべくいっしょにいる子の足を引っ張らないよう器用にこなさなきゃいけない」といったことです。

 そして、グループから一歩でも離れれば、もう戻れなくなる気がして、自分だけ取り残される気がして、ひとりですごす休み時間は心が休まりませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

550号 2021/3/15

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...