不登校新聞

530号 2020/5/15

なかなかあらたまらない旧通知 不登校の歴史vol.530

2020年05月15日 11:59 by kito-shin

 学校復帰が前提の施策をとっていた当時の旧通知をあらため、学校復帰のみを目標としない新しい法体制の基本指針に統一する、と文科省自身がはっきり発表した(2018年7月)。

 これは、学校に縛られたり、望まぬ登校圧力に苦しんだり、学校へ行けない自分はダメだと子どもが自責する姿をなんとかしたい、と思っている保護者、フリースクール関係者、市民たちにとって、期待し、待ち望むことであった。

 あの発言にうそはない、と感じていた。やる気が感じられた。しかし、省庁の人事異動の時期が迫ってもいた。そして、担当メンバーは変わった。でも、引き継いで実行されるにちがいない、とも思っていた。

 気になるので、あいさつもかねて、文科省にうかがった。文言の統一への作業はまったく手についていなかった。

 まあ、職員、上司が変われば、一時的にもたつくことに、あまり厳しく言えないかな、とも思い、しかし、法律が誕生して、あと3カ月で2年になるのだから現場に困らぬよう早く統一してほしい、とお願いしてきた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...

528号 2020/4/15

コロナウイルスの感染拡大で、毎日のように有名人の感染や緊急事態宣言の報道を...