不登校新聞

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

2022年11月14日 12:59 by kito-shin
2022年11月14日 12:59 by kito-shin

 勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん(仮名・19歳)。他人の評価で悩んでいたが、1冊の本と出会ってからは、自分と他人を切り分けて行動できるようになったという。

* * *

 他人から認められたい、という欲求は誰しもあるだろう。私は幼いころから承認欲求が人いちばい強く、高校生になるころには、学校のみんなからすこしでも認めてもらおうと、毎日「がんばっているアピール」をしてすごすようになった。入学直後に学級委員を務め、複数の部活に所属し、週末に開かれる講習には毎回参加した。

 しかし、しだいに自分のキャパを超えるようになった。夏休みを終えるころには、テスト勉強にも身が入らなくなり、成績はみるみる下降。中間試験の化学では、ついにクラス内で最低点を取ってしまった。最高点を取った友だちは、クラスメイトから称賛の声を浴びている。私は悔しさと恥ずかしさのあまり、答案用紙を机のなかにグチャっとしまい込んだ。だが、点数を必死に隠そうとする気持ちとは裏腹に、クラスメイトからは私が最低点を取ったことを勘づかれていた。いつしか、私を認める人はいなくなり、私は学校内で「ふつうの人」になっていた。学校がつまらなくった私は、仮病を使って学校を休みがちになった。新型コロナ感染拡大による休校も重なり、家でユーチューブを呆然と観る日が続いた。

胸を打たれた「課題の分離」

 ある日、1つの動画が目に留まった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…