不登校新聞

288号(2010.4.15)

滝川市いじめ自殺 原告 木幡幸雄

2013年12月20日 17:20 by nakajima_


 今回の結果が、判決として出ていたら、お金の話だけで終わってしまったでしょう。しかし和解に際して、担任教諭らに自殺の予見可能性があったことを認めました。

 また、北海道が和解調書の写しを各学校の教職員に送付し周知徹底させるなかで、再発防止に努めるよう指導するなどの和解条項も盛り込まれました。この点を踏まえ、判決以上に意味のある和解であったと考えています。今回の司法判断がほかの裁判にもいい影響をあたえるものとなるよう、切に願っています。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...