不登校新聞

286号(2010.3.15)

派遣法改正へ審議入り

2013年12月04日 11:44 by nakajima_


 厚労省が2010年3月中に派遣法改正案を国会提出することがわかった。派遣法改正案には、日雇い派遣の原則禁止などが盛り込まれる予定だが、社民党や全国ユニオンなどが結成した「格差是正と派遣法改正を実現する連絡会」(以下・連絡会)らは事前面接の一部解禁などを理由に修正を求めている。

 そもそも、今回、提出される派遣法改正案は、2008年7月、自公両党による「新雇用対策に関するプロジェクトチーム」の提言によって、労働政策審議会が作成したものである。これに対し、当時、野党だった社民、民主などは独自に派遣法改正案を発表。さらに09年6月には民主、社民、国民新党による3党合同改正案を発表。これには市民団体の連絡会などが訴えていた改正点が、ほぼ盛り込まれていた。しかし、2010年2月18日、労働政策審議会が、自公政権時に作成された改正案を、ほぼそのまま厚労省に提出。これを長妻厚労大臣が「おおむね、妥当」と認めた。そこで現在、社民、共産、市民団体が、改正案に修正を求めるかたちとなっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...