不登校新聞

286号(2010.3.15)

派遣法改正へ審議入り

2013年12月04日 11:44 by nakajima_


 厚労省が2010年3月中に派遣法改正案を国会提出することがわかった。派遣法改正案には、日雇い派遣の原則禁止などが盛り込まれる予定だが、社民党や全国ユニオンなどが結成した「格差是正と派遣法改正を実現する連絡会」(以下・連絡会)らは事前面接の一部解禁などを理由に修正を求めている。

 そもそも、今回、提出される派遣法改正案は、2008年7月、自公両党による「新雇用対策に関するプロジェクトチーム」の提言によって、労働政策審議会が作成したものである。これに対し、当時、野党だった社民、民主などは独自に派遣法改正案を発表。さらに09年6月には民主、社民、国民新党による3党合同改正案を発表。これには市民団体の連絡会などが訴えていた改正点が、ほぼ盛り込まれていた。しかし、2010年2月18日、労働政策審議会が、自公政権時に作成された改正案を、ほぼそのまま厚労省に提出。これを長妻厚労大臣が「おおむね、妥当」と認めた。そこで現在、社民、共産、市民団体が、改正案に修正を求めるかたちとなっている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...