不登校新聞

286号(2010.3.15)

たまりばフェスティバルを開催

2013年12月04日 11:59 by nakajima_


  3月20日、川崎市にて「たまりばフェスティバル2009」が行なわれる。今回、フェスティバルの企画・運営を担当している実行委員の子ども若者に、フェスティバルへのこだわりや企画内容について執筆してもらった。

 「たまりばフェスティバル」とは「NPO法人フリースペースたまりば」が運営する「フリースペースえん」の子どもや若者が中心になって行なうハイパーエネルギッシュな発表会イベントです。「フリースペースえん」とは、「川崎市子ども夢パーク」内の公設民営型フリースペースです。

 フェスティバルはどんなふうにできるかというと、まず約1年前にフェスティバル実行委員会、通称「プロジェクトX」がなんとなく集まって始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の割合過去最高 少子化のなかで不登校13万人の意味

470号 2017/11/15

次号は衆院選特集「不登校についての政党アンケート」を発表します

467号 2017/10/1

不登校対策に来年度73億円、その使い道をご存知ですか?

467号 2017/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...