不登校新聞

286号(2010.3.15)

たまりばフェスティバルを開催

2013年12月04日 11:59 by nakajima_


  3月20日、川崎市にて「たまりばフェスティバル2009」が行なわれる。今回、フェスティバルの企画・運営を担当している実行委員の子ども若者に、フェスティバルへのこだわりや企画内容について執筆してもらった。

 「たまりばフェスティバル」とは「NPO法人フリースペースたまりば」が運営する「フリースペースえん」の子どもや若者が中心になって行なうハイパーエネルギッシュな発表会イベントです。「フリースペースえん」とは、「川崎市子ども夢パーク」内の公設民営型フリースペースです。

 フェスティバルはどんなふうにできるかというと、まず約1年前にフェスティバル実行委員会、通称「プロジェクトX」がなんとなく集まって始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

平成だけで74件 生徒指導の末の自死「指導死」とは何か

482号 2018/5/15

不登校の「教育機会の確保」に向けて 千葉県で議連発足

479号 2018/4/1

4000人調査から見るブラック校則の世代格差とは?

479号 2018/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

482号 2018/5/15

かたくなに精神科に行くことを拒んでいた私が、みずから行こうと思ったのは、自...

481号 2018/5/1

『不登校新聞』創刊20周年号を発行する日を迎えることができました。読者のみ...

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...