不登校新聞

286号(2010.3.15)

たまりばフェスティバルを開催

2013年12月04日 11:59 by nakajima_


  3月20日、川崎市にて「たまりばフェスティバル2009」が行なわれる。今回、フェスティバルの企画・運営を担当している実行委員の子ども若者に、フェスティバルへのこだわりや企画内容について執筆してもらった。

 「たまりばフェスティバル」とは「NPO法人フリースペースたまりば」が運営する「フリースペースえん」の子どもや若者が中心になって行なうハイパーエネルギッシュな発表会イベントです。「フリースペースえん」とは、「川崎市子ども夢パーク」内の公設民営型フリースペースです。

 フェスティバルはどんなふうにできるかというと、まず約1年前にフェスティバル実行委員会、通称「プロジェクトX」がなんとなく集まって始まります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

6年間、話せなかったひきこもりが制作部リーダーの会社が設立

474号 2018/1/15

ブラック校則、あなたの学校にもありませんでした? NPOら、解消に向けたプロジェクト開始

473号 2018/1/1

少子化のなか不登校が過去最高~そろそろ「支援」を見直すべきだ【不登校新聞・記者コラム】

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...