不登校新聞

252号(2008.10.15)

ひといき 石井志昂

2014年07月20日 10:35 by nakajima_

 私も風邪をひいてしまった。どうやら今年の風邪は長引くらしい。なにもできずに、咳きをし、鼻水を垂らし、寝ている毎日を送ってしまった。

 同じ事務所の信田さんとは、たがいの体調について語り合い、苦しみをねぎらった。私だけかもしれないが、あらたな絆を感じている。

 一方、同じ事務所で働く小熊広宣氏は「おかげさまで元気そのもの」だと言う。無論、私としては理屈ではない感情を抱いている。「キミも絆を深めるために風邪をひきたまえ」とすら言いたい。しかし、私にできることは少ない。さしあたり、数日は小熊氏に必要以上に寄り添い、物理的な距離を縮めて見たいと思う。  (東京編集局・石井志昂)
 

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...