不登校新聞

252号(2008.10.15)

子どもに聞く不登校 はるくん

2014年07月17日 11:22 by 匿名


――遥くんは東京シューレに通っていますが、ふだんは何をしていますか?
 ウイニングイレブンとか、パワフルプロ野球とかゲームをたくさんしてる。あと卓球も好きだし、野球やサッカーもたくさんしたい。

――学校はいつから行かなくなりましたか?
 小学校2年生の2学期から行かなくなった。
 先生が恐くて、とくに体育や音楽は、すごく厳しくて「はやく着替えろ!」とか「まちがってる!」とか、すぐに怒鳴られるのがイヤだった。

――フリースクールのスタッフと学校の先生のちがいは?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を機に「自分が嫌いになった」17歳がぶつかった理想と現実

562号 2021/9/15

自分の性別にずっと違和感が。性同一性障害に出会うまで

561号 2021/9/1

23歳で高校を卒業した僕。社会の学歴の「当たり前」に感じた疑問

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...

561号 2021/9/1

2021年8月21日 NPO法人全国不登校新聞社は子どもにかかわるすべての...

560号 2021/8/15

娘が夏休み明けに突然の不登校。娘のペースを大事にしたいと思いながらも揺れて...