不登校新聞

394号 (2014.9.15)

かがり火 多田元

2014年09月12日 14:41 by kito-shin


 第25回「登校拒否・不登校を考える全国大会」は、たくさんの子ども・若者・親たちが和気あいあいに集い、私もパワーを充電してもらった。

 なかでも96歳でひときわ若々しく精気を放って「生きること・学ぶこと」を語られた大田堯さんの言葉は心にしみる。子どもの学ぶ力はいのちそのもの。自ら成長し、変わる。その学力を一時点のテストで数値化、評価できるわけがない。学力の底上げなど無意味。

 生命体たる子どもはDNAが同じものはなく、親子も同じ血を受け継ぐのではなく、子は親の私物でもない。おたがいにちがう「いのちの自然」を認めあい、何かを獲得しながら何かを失い、変化し成長していく子どもを援助するのが教育であり、教育が人を変えるのではない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

556号 2021/6/15

森の喫茶店 第556号

556号 2021/6/15

編集後記

555号 2021/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...

555号 2021/6/1

中学1年生から中学卒業まで不登校していた当事者に話を聞きました。不登校の経...

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...