不登校新聞

242号(2008.5.15)

声「親の会なごや」

2014年10月02日 13:40 by nakajima_



 「親の会なごや」の通信は通算235号を数えました。親の会の活動が約21年続いたということです。
 親の会を始めた当初は、毎回20名くらいの参加者があり、おたがいが涙を流しながらつらい思いを語り合いました。
 いまはと言うと、どうでしょうか。毎回の参加者は平均すると5名くらいです。でも、私の自宅には在宅時、匿名の親の方からの電話が何通もかかってきます。

 そして、「学校には行かなくてもいいんです。でも将来、ひきこもりになっては困ります。どうしたらいいでしょう」などという質問がけっこう多いのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ひきこもることを恐れなくていい」20年以上ひきこもりと向き合って

511号 2019/8/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...