不登校新聞

242号(2008.5.15)

声「親の会なごや」

2014年10月02日 13:40 by 匿名



 「親の会なごや」の通信は通算235号を数えました。親の会の活動が約21年続いたということです。
 親の会を始めた当初は、毎回20名くらいの参加者があり、おたがいが涙を流しながらつらい思いを語り合いました。
 いまはと言うと、どうでしょうか。毎回の参加者は平均すると5名くらいです。でも、私の自宅には在宅時、匿名の親の方からの電話が何通もかかってきます。

 そして、「学校には行かなくてもいいんです。でも将来、ひきこもりになっては困ります。どうしたらいいでしょう」などという質問がけっこう多いのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

9人家族の私たちが学校に頼らず「ホームスクール」を始めた理由

554号 2021/5/15

「このままでは死んでしまう」不登校の息子に送った9通の手紙

552号 2021/4/15

「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...