不登校新聞

240号 2008.4.15

声「常識的な予言に…」

2014年10月16日 14:36 by nakajima_


  238号6面の『若者と仕事』にて、人としての"本業”を思い出させて下さった、PNつちさん。ありがとうございます。この記事を壁に貼って、毎日読み上げたいです。

 なるほど、不登校は「体質」なんだー。「才能」に近いと考えておりましたが、「体質」のほうがはるかにピンときます。

 ところで、239号は、ホームエデュケーションの特集なんですね。たしかに、学校が迷走しているように見えるいま、「家庭で育つ」という学びのかたちについて、もっと語られてもいいと思います。もっと言えば、気軽に、遊び心で始めたっていいくらいだよーん、と言いたいです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...