公教育のなかの「子ども中心」

 日は、すぐ経つものだ。
 
 多くの市民の協力と、区・都・国・NPO法人東京シューレ4者が関係して開校した「東京シューレ葛飾中学校」が満5年経ち、これを執筆している2週間前の6月24日、5周年祭が行なわれた。
 
 日の丸・君が代もなければ、起立・礼で緊張して聞く祝辞もない、学校らしくない学校の楽しい記念祭だった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。