不登校新聞

342号(2012.7.15)

居場所を見つける旅 第3回

2013年07月23日 15:12 by kito-shin

「訪れない明日」を捨て、俺マガジン発行

 このままじゃヤバイ、働かなきゃ、学校に行かなきゃ、そわそわ焦りつつも何もしない。寝そべって天井を眺めながら節電について考えて時間を潰す。そんな状況が5年以上続き、年齢が30歳を超えたのなら、正真正銘ひきこもり「合格」です。もうヤバくなってる、すでに完成してるって。もう明日から自分が今とはちがう何かになるための準備や努力に時間を割くのはやめて、できることだけをやっていこう。あきらめがいいっていうのは、偉大な人間の素養だと聞いております。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...