不登校新聞

403号 2015/2/1

かがり火 多田元

2015年01月29日 14:55 by kito-shin


 今年の成人式は阪神・淡路大震災から20年にかさなり、震災の破壊と混乱のなかに生まれ、成人を迎えた若者たちに焦点があてられた。また、この震災で人々が支えあい、助けあった絆のちからが16年後の東日本大震災での支援につながり生かされている事実がさまざまに伝えられた。

 自然の苛酷な猛威に耐えて結ばれる人々のいのちの絆のすがたは、人間の業による破壊と憎悪の循環をつくる集団的自衛という名の戦争と、経済成長という名の格差社会の循環へと流れる政治の現状とは対極にある。そのいのちの絆こそ新成人にひき継がれていくことを祈りたい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...