不登校新聞

403号 2015/2/1

【公開】フリースクール等支援策、予算大幅減

2016年07月21日 12:45 by kito-shin
2016年07月21日 12:45 by kito-shin
 1月14日、政府は閣議で一般会計の総額を96兆3420億円と決定。これにより来年度の予算案が決定した。概算要求時、約1億円だった「フリースクール等への支援策」は減額されることになった。
 
 閣議決定された予算案では「フリースクール等に関する検討会」は800万円(概算要求時4400万円)。「フリースクール等への調査研究委託事業」は0円(概算要求時5400万円)。同事業は「いじめ対策等総合推進事業の調査研究委託事業」に統合されるかたちとなった。
 
 いじめ対策等総合推進事業の委託事業の予算は8300万円(前年比3900万円増)。委託事業は、フリースクールだけでなく、いじめ、子どもの貧困に取り組むNPOや地方公共団体など22カ所に委託される。
 
 文科省は今回の減額について「財務省との折衝のなかで予算縮小を余儀なくされたが、なんとか予算を残すことができた」と語っている。(石井志昂)

関連記事

教育機会確保法の現在地、学校外の居場所で起きている変化

534号 2020/7/15

フリースクールの適正評価とは、東京学芸大学研究班が示した提言

527号 2020/4/1

「多様法のこれから」を議論 不登校の歴史vol.511

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…