雑誌『今日も私は生きてます。』の第2号が発行された。同誌は2014年5月、長崎で不登校・ひきこもり経験者の9人が、当事者や保護者に向けて創刊した情報誌。
 
 創刊直後から編集部の予想以上に反響が広がり800部を売り上げた。
 
 内容は当事者の手記、支援団体へのインタビュー、対談など。創刊号では「歯が痛くなった場合の対処」について歯科医に取材した記事を掲載。第2号の今回は、美容院、床屋に行きたくない当事者向けに美容師にインタビュー。美容室でのやり取りや自分で髪をカットする場合のテクニックを写真付きで紹介、解説している。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。