不登校新聞

220号 2007.6.15

かがり火 多田元

2015年03月19日 14:15 by nakajima_


 6月1日は「子どもの虐待防止ネットワークあいち」初代の代表祖父江文宏さんの命日だった。祖父江さんは児童養護施設暁学園園長で、子どもを小さい人と呼び、「エンチョウスケ」と慕われていた。

 その生前に聞いた話。祖父江さんの父の葬儀の日、式の片づけが済んだ夕方、ぼんやり座っているところへ学園の小さい人がちょこちょこと来て顔を見上げ「エンチョウスケの父さん死んだ? 寂しいか?」と話しかけた。小さい人にそう言われると、急に亡き父への想いがこみあげ「うん」と答えると、その子は「いっしょにご飯を食べようか」と言ってくれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学習指導要領」が変わった 不登校の歴史vol.518

518号 2019/11/15

ひといき

518号 2019/11/15

かがり火

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...