不登校新聞

220号 2007.6.15

教育再生会議 第2次報告で提言

2015年03月19日 14:33 by 匿名
 政府の諮問会議「教育再生会議」(野依良治座長)が07年6月1日、総会を開き、第2次報告「社会総がかりで教育再生を~公教育再生に向けた更なる一歩と『教育新時代』のための基盤の再構築~」を正式決定した。第2次報告は夏休みの削減・土曜授業の実施、「徳育」の新設に向け、今年度中に学習指導要領の改定などを行なうよう提言。また、「メリハリ」のある教員給与体系の実現に向け、来年4月をめどに給与特別措置法などを改正するよう求めた。不登校に関しての記載は、学力向上政策の一環として、「きめ細やかな対応を求める」という文言が盛りこまれたのみであった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...