不登校新聞

220号 2007.6.15

教育再生会議 第2次報告で提言

2015年03月19日 14:33 by 匿名
 政府の諮問会議「教育再生会議」(野依良治座長)が07年6月1日、総会を開き、第2次報告「社会総がかりで教育再生を~公教育再生に向けた更なる一歩と『教育新時代』のための基盤の再構築~」を正式決定した。第2次報告は夏休みの削減・土曜授業の実施、「徳育」の新設に向け、今年度中に学習指導要領の改定などを行なうよう提言。また、「メリハリ」のある教員給与体系の実現に向け、来年4月をめどに給与特別措置法などを改正するよう求めた。不登校に関しての記載は、学力向上政策の一環として、「きめ細やかな対応を求める」という文言が盛りこまれたのみであった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...