不登校新聞

409号 2015/5/1

かがり火 多田元

2015年04月30日 12:00 by kito-shin


 全国不登校新聞社が『不登校新聞』の名で5月創刊号が生まれて5月1日で18歳の誕生日を迎えた。筆者は草木の緑が光る五月晴れの季節が好きだ。憲法記念日、子どもの日と続くゴールデンウィークは大人も子どもも明るい笑顔に満ちて見える。

 しかし、戦後70年の歴史を築いた平和憲法も今年の憲法記念日を最期にして、まもなく安全保障法案という名の法律を審議する国会の場で踏みにじられてしまうことを予感させられる。政府が示す法案には、他国からの武力攻撃から国民を守るために「他に適当な手段がない」ときに武力を使うという論理が盛り込まれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...