不登校新聞

409号 2015/5/1

樹木希林さんの講演を絶対に見逃せない3つの理由

2015年05月29日 16:08 by shiko

樹木希林さんが登場する「夏の全国大会」の詳細
全国大会への申し込みフォーム
 今夏、山口県で行なわれる全国大会の講演会に女優・樹木希林さんが登場します。この講演、絶対に見逃せません。私自身、樹木さんへの取材は4年越しで準備を進めました。樹木さんのお手元に企画資料を届けるルートを探すのにも1年ほど要しました。そうまでして申し込みたかったのは映画「神宮希林」での一言がきっかけです。
 
 「夫(内田裕也さん)みたいな、つまり御しがたい存在は自分を映す鏡になるんです」。
 
 「御しがたい」、つまりコントロールしづらいことをどう考えるか。ここに不登校と通じる指摘があります。
 
 「不登校とはなにか」、私が思うに自分の子ども、あるいは自分自身が「御しがたい存在」になることです。そこで、私自身も含め、ほとんどの人が、どうしたら自分や子どもをコントロールできるかを考えがちです。ところが見方を変えたらどうか……。きっと「樹木希林さんにしか語れない不登校の切り口がある」と思ったわけです。本紙WEB版でいつでも閲覧可能です。ぜひ「不登校新聞 樹木希林」で検索してみてください(一部無料公開)。
 
 そんな樹木希林さんの講演、見逃せない理由が3つあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

お金を儲けず、子どもを管理せず、その子の感性に寄り添える場を

520号 2019/12/15

「多動は自然になくなる」精神科医が説く発達障害

189号(2006.3.1)

「子育ては失敗しちゃいけない?」教育ジャーナリストに聞く

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...