不登校新聞

409号 2015/5/1

ひきこもり時給2000円「いちばんきつい時、本人が感じること」

2015年05月15日 11:54 by kito-shin


連載「ひきこもり時給2000円」vol.3


 僕がひきこもっていた2~3年のうち、もっとも苦しかった時期の記憶がない。いや、「記憶がない」のとは少しちがう。「もっとも苦しかった時期」の記憶が混濁していて、それがいったい、いつで、どれくらいの長さだったのか、まるでわからないのである。
 
 ひきこもり始めのころや、そこから出てからのことならほとんどわかる。しかし、もっとも苦しかった時期(昼間からカーテンを閉め切って、一日中布団の中で呻いていた時期だ。それほど長くはないはずなのだが……)の輪郭は、まるで薄暗い湖の底に沈んだ古い木箱のように、暗く、手の届かないところにある。今も、ぼんやりと霞んだままだ。たぶんこの先も、ずっと霞んだままなのだろう。
 
 社会から撤退してからのいちばん苦しかった時期、僕は毎日悪夢を見た。内容はいつも同じ。大学時代の仲間にバカにされる夢。ハッと目が覚めて、起きてからもじっとり汗をかくような、寝覚めの悪い夢だ。実際、学生のときにそういうことがあったわけではない。おそらくは、自分の現状を認められない自意識の発露が、夢という衣をまとって僕を苦しめ続けたのだろう。今ならそのように理解できる。もちろん、当時は無理だ。
 
 社会生活から遠ざかって1年以上が経つと、毎晩のように悪夢を見た。いや、夜だけではない。昼間のあいだ、ごく短くうたた寝をしただけであっても、かならずといってよいほどそれはやってきた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「答え」は「どこか」でなく「ここ」にある ひきこもり時給2000円最終回

448号 2016/12/15

今だから話せるコト~一番つらい時期になぜ死にたくなったのか ひきこもり時給2000円

447号 2016/12/1

母に直接聞いてみた~僕がひきこもっているときに何を考えてた?

446号 2016/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...