不登校新聞

409号 2015/5/1

書籍紹介『中学なんていらない~不登校の娘が高校に合格するまで』

2015年04月30日 13:09 by koguma


 「これってウチだけ?」「子どもの将来が不安でしかたない」。そんな悩みを抱えている親に読んでほしい1冊です。理由は2つ。一つは本書がコミックエッセイ、つまりマンガで読みやすいこと。もう一つは、著者自身、わが子の不登校で悩んだ母親であるということです。
 
 おもな登場人物は漫画家の著者、編集者の夫、そして長女の3人。長女が中学1年生のある日、いじめを機に不登校になるところから始まります。突然の出来事に揺れる母親の気持ち、学校との付き合いのなかでの喜怒哀楽が、コミカルな絵と文章で伝わってきます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...