不登校新聞

409号 2015/5/1

第409回 20代~30代の他害・自殺

2015年04月30日 16:01 by kito-shin


連載「不登校の歴史」


 2011年に入る直前の年末に起きた茨城県取手駅の事件に触れないわけにはいかない。
 
 27歳の男性が通学・通勤時のバスに乗りこみ、無差別に乗客を切りつけたのだった。彼は1年前に会社をリストラされ、そのころから今回の事件を計画していた。そして、事件発生の数日前に実行を決意したという。父と2人暮らしで、所持金はゼロだった。警察での調べに「誰でもよかった、自分の人生を終わりにしたかった」と語った。
 
 この事件は、その2年前、08年6月に起きた秋葉原事件を誰もが想起したのではないか。そのくらい事件の構造は似ていると多くの人が感じた。20代~30代の若者たちの生き難さを象徴していた。
 
 私は取手の事件のほんの10日前、ある葬儀に参列していた。30歳男性が自殺したのだった。ある会社をリストラされた後、2年間で、100社以上、就職活動をし「これでだめならもうムリ」と思っていた会社からも不採用通知が来た。彼はまじめで誠実な人柄であり、仕事も一般的にこなせる能力を持っていた。しかし、非正規雇用が4割近いこの国は、ひどい格差社会で、リストラにあうと再就職は困難を極めた。希望を持てない若者たちは次々と追い詰められる状況にあった。彼は不登校をした経験はあったが、進学し、いったん就職した後のリストラだった。取手の事件は、彼のことも想起させた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

外出せずに散髪するには?【訪問美容という選択肢】

468号 2017/10/15

18歳、今の今がどん底です。生き延び続けるための支えは

468号 2017/10/15

【新刊出来】いま大注目の「ひきこもり女子会」に迫る

468号 2017/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...